オーダーメイド靴、足板底(インソール)、市販の靴では対応できない方へ

正しい市販靴の履き方とは?

靴のかかとをつぶさずに履くこと

かかとにはカウンターという芯が入っています。
足の支えとなるもので、足にとってはとても大切です。
かかとがつぶれないためにも、靴べらを使って履くことが望ましいです。

ファスナーがある靴はしっかり締めること

足が痛いから、着脱しやすいからとファスナーを途中までしか閉めていない方がおられます。
きちんと閉めないと、歩いているうちにファスナーが開いてきて、ゆるくなります。
ゆるい状態で履いていると、靴の中で足が泳ぎ、前に滑ります。
前に滑ると足が靴にあたり、痛みが生じる場合があるため、ファスナーはしっかり閉めて履くことが望ましいです。

ひもはその都度結ぶこと

面倒ではありますが、インソールの効果をだすためにも靴を履くその都度、ひもは結びましょう。

普段から靴をゆるめに履いていませんか?

足にとって、靴をゆるめに履くことはあまりよくありません。

靴ひもをきつく結ぶことに抵抗を感じる方も多く見受けられますが、靴をゆるく履いていると足変形も進んでいきます。

正しい靴の履き方を少しずつ実践してみるだけでも、変わるのではないでしょうか。
ただし足の症状によりうまく結べない方、かがめないためゆるめに履く方など、症状により動作が難しい方は生活スタイルを尊重しながら、靴に加工をしております。

お問い合わせはこちら

03-5537-5181

[営業時間]9:30〜17:30 [定休日]日・祝日
※ご来社の際は事前にご予約ください。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約フォーム