オーダーメイド靴、足板底(インソール)、市販の靴では対応できない方へ

インソールの重要性

靴を履いて足が痛いのは、実は靴ではなく歩き方に原因があることが多いことをご存知でしょうか。歩き方すなわち何らかの症状(外反扁平足・開帳足など)があって体重を不自然にかけて歩くことによって、身体がゆがみ足が少しずつ変形していき、その結果靴を履いて歩くと痛いと感じるようになっていきます。

年齢を重ねていくに従い、その症状も目立ってきます。インソールは靴の中に入れるものですが、足裏の皮膚に直接触れる最初の靴とも言えます。近年足裏のアーチを支える・体をしっかりと支えるというインソールが入った靴が多く売られるようになって、インソールの重要性にも関心が高まっています。 それでも弊社にいらっしゃるお客様の多くはすでに痛みを抱えている方が大半です。「もっと早く自分の足や、靴の事を考えればよかった…」と口々に言われます。普段市販靴を履かれていて痛みがある方は、まずはインソールからお試しいただくのはいかがでしょうか。詳しくは「弊社インソールの特徴」をご覧ください。弊社インソールは市販のものでは対応しきれない足の疾患がある方に、治療目的としてお作りしています。市販靴に合わせてお作りしますが、もとから入っているインソールを外すことができる靴にお入れすることが望ましいです。詳しくは 「市販靴の選び方」をご覧ください。お一人お一人に合わせて弊社独自の製法で製作するインソールはオーダーメイドです。まず痛みが緩和され「長時間歩いていても疲れない」「足裏にぐっと力が入り踏ん張りがきく」「歩行がぶれない」「足全体がゆったりと包まれているような気持ち良いフィット感がある」などの感覚をお試しください。

このような方に

外反扁平足障害、足底腱膜炎、踵骨棘、リウマチ、変形性股関節症、モートン氏病、外反母趾など

インソールの種類

パット調整

市販靴へのパット調整も行っております。インソールの入れられないパンプスや紳士靴への加工もポイント補正いたします。

補高の調整

変形性股関節症などで左右の足の長さが違う場合、高さを補うだけの加工も致します。インソールで補う場合と靴底に加工する場合がございます。

簡易型インソール

薄め・短めなどの簡易型のインソールです。足裏の採寸をし、症状に合わせてお作りいたします。詳しくは「インソール製作の流れ」をご覧ください。

フルオーダーインソール

主に足裏に疾患のある方や、履き心地を追及される方向けのフルオーダーインソールです。足裏の型をお採りし、左右の変形・症状に合わせてお作りいたします。詳しくは「インソール製作の流れ」をご覧ください。

インソールを入れる靴

「インソールを使用したいが、入れられる靴がない」など、インソールを入れる靴を探すことでご苦労されている方も多くいらっしゃいます。弊社は実際に入れる靴を拝見したうえで製作いたします。また、完成時には実際に履いて歩いていただきます。パンプスや紳士靴など、中の容量が狭いものにインソールを入れる事をご希望されている場合、製作方法が異なりますが可能な限りご対応いたします。

アフターフォロー

インソールは靴の中に正しく入れて履いてこそ効果が得られる矯正装具のため、歩き方はとても重要です。インソールは耐久性があり、5~6年は使用できます。合成皮革に比べ、薄く蒸れないようにするために表面には本革を貼っています。経年したものは張り替えも行います。 また、弊社では歩き方などの歩行指導もさせていただいております。靴の履き方でよくありがちなこととして、ウォーキングシューズタイプの靴ひもをゆるく締めて履かれる方がいます。そのような履き方をするとインソール本来の効果が得られなくなってしまいます。症状に合わせて製作するインソールのため、ある程度の矯正は必要となります。実際に履かれて矯正が強すぎる・合わないなどお感じになる場合は調整いたします。

お問い合わせはこちら

03-5537-5181

[営業時間]9:30〜17:30 [定休日]日・祝日
※ご来社の際は事前にご予約ください。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご予約フォーム